プロフィール

月惠(つきえ) 

 

北海道生まれ。母方の祖父が神主で、私も短期間ですが巫女経験があります。父方の先祖は鳥取県の小さな城主だったようです。そんな血筋に生まれ、豊かな自然の中で育ちました。

 

10代の頃から占いや精神世界・心理学に興味を持ち始めました。

いえ、本当は5~6歳から「生まれたのは、今回初めてじゃないな」と薄々思っていました。中学生くらいから占い雑誌はもちろん、魔術や密教の本にまで手を伸ばしていたというのは内緒です(^^;;)

 

小学校5、6年ではイジメに遭い、中学生のときに父が脳溢血で倒れて半身不随に。父は既に他界しましたが、長年の闘病生活を送りました。今は仲のいい母とも、子供の頃は険悪…と、なかなか賑やかな十代を送りました。高校から始めた演劇活動は長く続け、東京では、劇団主宰・脚本・演出・役者もしていました。

 

様々なつらさは、自分自身の捉え方で違ってくるということに気づき、長年の「なんで私だけヒドイ目に…」というネガティブ思考を時間をかけて手放しました。そこから人生が開けていった気がします。


仕事経験は、レストランスタッフ、派遣事務員では独立行政法人から外資の会社、建設業界から保険、広告業界など各種業界を体験しながら、占いの専門学校 アカデメイア・カレッジで学び、ライセンスを取得しました。


その後2004年からプロ占い師として対面鑑定を中心にメール・電話鑑定、イベントでの鑑定、占いライター、セミナー講師として活動しています。

現在は個人鑑定のほか、占いの店「デルフィー(東京・恵比寿)」 での対面鑑定、「MIROR(ミラー)」のチャット占い、「リエル」での電話・メール鑑定、「LINE占い」などでも活動しています。「ビートたけしのTVタックル」出演や雑誌「nicola」取材他、企業雑誌の占い記事連載、「恋愛の神様DX」サイト内の執筆でも活動しています。

 

 

**********************************************************************

<月惠のミッション(使命)>
 「占い」を通して少しでもお客様の助けになることが、私の役目だと思っています。それは不安を減らすことだったり、自己肯定感を高めることだったり…。あるいは新しい目標を見出していただくヒントを差し上げることかもしれません。お一人お一人が、未来に希望を感じながら毎日を暮していけるよう、心をこめてお手伝いさせていただきます。

 *********************************************************************

*あなたは、「占い」と聞いて何を感じますか?
好き・嫌い、当てもの、運とか霊感とか、壷とか・・?(^-^;)

私は、占いは「便利な知識のひとつ」だと思っています。

星の運行によって流れを観る、偶然に(?)選ばれたカードによって深層心理を読み解く、地球の回転と周期、生まれた年の天運の組み合わせで良い方位、悪い方位を知る。

・・・言ってしまえば、占いはここまでしかできません。

誰かの心を魔法のようにコントロールすることはできないし、

できたとしてもするべきではないですよね。

でも、占いで知り得た情報を基に、あなたが望む生き方をしていくための

指針になることはできると思います。
 
たとえば恋愛の相性。

一般的に言う「いい相性」とは、お互いありのままで理解しあえ、惹かれあう相性のこと。
一般的に言う「悪い相性」とは、お互いの努力がないと反発し、誤解をしやすい相性のこと。

じゃあ「悪い相性」の二人がお互いを分かり合おうと努力し、相手の立場で考えていけば・・?

ハイ、これは「強い絆で結ばれる」のです☆
少し時間はかかりますけどね。

だから、占いは「怖いもの」ではないんですよ。

・・なかには、「○○はダメ!ムリ!」と一刀両断される占い師の方も、

ごく稀にいらっしゃると聞きますが、

私自身は、占い師がそんな決め付けはすべきでないと考えていますし、

決まりきった未来はないとも思っています。

つまり未来は、今、あなたの選択にかかっているんです。
しかも、時間の流れは、過去→未来ではない、そうです。
 
むずかしいことはわかりませんが、学者さんたちによると「時間と言うものは便宜上考え出した概念であって、過去も未来も現在も同時に存在する」んだとか。
 
だから、未来を先に決めてしまえば今の行動が変わり、

時間の流れとして結果も変わってくることになる。
 
あなたの未来を、あるいは過去(の、認識)を、そして今を素敵に変えてゆくための

アドバイスをできるのが占いだと思っています。
 
お客様に、「アドバイス、ためになりました」
「気が楽になりました」
「来てよかった~」
 
そう言っていただけると、とてもうれしいのです。